理念

基本的な生活習慣を身につけ自立すること、主体性をもって周囲の人々や環境に関われるようになること、行事体験やそれに向けての練習、継続的な活動を通じて子どもたちの可能性を伸ばしてゆくことに力を注ぎます。ご家族と南十字保育園の職員とが連携し、協力し合うことで、また同じクラスの友達や、年齢の異なるたくさんの友達との関わりの中で、様々なことに親しみ、チャレンジすることのできる基本土台を築きます。

保育目標

優しく 賢く 健やかに

保育理念

児童福祉法の精神に基づき、子どもの心身の健全な発達を保障する

子どもの最善の利益を第一義として、保育園と家庭が子どもの幸せを共通の立場で追求する

保育方針

◆保育所保育指針を基本とし、養護と教育との一体的な保育を進める
◆職員は、専門職としての自覚を持ち、保育の質を高めるよう努める

  1. 成長・発達〔育ち〕を把握し、個人差に配慮する
  2. 基本的な生活習慣の指導を図り、自立心を養う
  3. 主体性をもって環境に関われるようにする
  4. 自分なりの努力目標を設定して、課題に取り組めるようにする
  5. 継続的な体験や学習を通し、個性・感性・能力・可能性を伸ばす
  6. 同年齢や異年齢の友達、および保育園にいる大人たちとの関わりの中で学び合う